トップページ賃貸よりも安いマイホーム購入

賃貸よりも安いマイホーム購入

ライフスタイルに合わせて対応可能な賃貸。
しかし、老後や万が一の事を考えると
購入の方が断然安心

立地や専有面積などの変わらない家に50年間住宅ローンを組んで購入する場合と、賃貸に住み続ける家の場合、住居費総額はそれほど大きな差はありません。
ただ、【賃貸】は老後に家賃を払い続け何も残らないのに対し、【購入】は買った家が資産として残りより安心です。

また、【購入】の場合は民間金融機関の住宅ローンを借りる際、「団体信用生命保険(団信)」に加入します。
団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済中に、ローン契約者が死亡または高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社が、その時点の住宅ローン残高に相当する保険金を債権者に支払い、ローンが完済となる制度です。
【賃貸】の場合は家賃の支払いは継続しますが、【購入】の場合は万が一のときも安心です。

購入を支援する制度

住宅ローン控除

住宅ローン控除は、年末の住宅ローンの残高の1%が、その年の所得税から10年間控除される制度です。

住まい給付金

住まい給付金は、住宅ローン減税の拡充による負担軽減効果が十分に及ばない収入層に対して消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設した制度です。
消費税率8%時は収入額の目安が510万円以下の方を対象に最大30万円、10%時は収入額の目安が775万円以下の方を対象に最大50万円を給付するものです。

認定長期優良住宅制度

一定の要件を満たしたうえで認定を受けた「長期優良住宅」を購入、建築した場合には、法に基づき、住宅の構造や維持保全などについて長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローン控除枠が拡充(10年間の最大控除額を100万円上乗せ)されるほか、 住宅ローンを借りない場合でも所得税額の特別控除(最大50万円)が受けられます。
また、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の税制上の優遇を受けることができます。

認定低炭素住宅制度

一定の要件を満たしたうえで認定を受けた「低炭素住宅」(省エネ住宅)を購入、建築した場合には、長期優良住宅と同様に住宅ローン控除枠が拡充されるほか、登録免許税の優遇などが受けられます。

太陽光発電システムの導入支援、買取制度

住宅用太陽光発電システムを導入する際には、国や自治体による補助金を受け取ることができる制度です。
余剰電力を電力会社に売電して収入を得ることを保証する制度です。

ご来店予約はこちら


ページの先頭へ

物件閲覧

来店予約でクオカード3000円分プレゼント!ご来店予約はこちらから

Copyright (c) NAKAJITSU Co.,Inc. All Rights Reserved.